マホビ!

マホビ!で役立つ情報をキャッチ

馬謖※諸葛亮の期待に応えられなかった参謀

 - 三国志

馬謖は、諸葛亮から将来を有望視されていた参謀です。

諸葛亮の期待は高く、北伐の際、馬謖を街亭の守りにつかせます。

馬謖の命令違反

この時、馬謖は街道を防ぐという作戦を用いずに、山の上に陣をしきます。

兵法では、低い所よりも高い所から攻めた方が有利とされていたためです。

ただし、兵法も状況によってとって良い策が異なります。司馬懿はこの作戦をみると、すぐに馬謖の補給線を断ち、山の上に孤立させます。

一方、諸葛亮はこの馬謖の策を知って、すぐに山を下りるように命令を出します。

しかし、時すでに遅し、補給線を断たれた馬謖軍は、司馬懿の軍にやぶれ、街亭を奪われてしまいます。

なんとか逃げ帰った馬謖ですが、諸葛亮は彼を斬ることにします。

スポンサーリンク

周囲は止めましたが、軍律の違反、大敗の責任を考えると、優秀な人材といっても死罪にしかなかったのです。

そして、馬謖を死罪にし、諸葛亮は彼の死を嘆きます。これが、世にいう「泣いて馬謖を斬る」です。

なぜ馬謖は命令違反を行ったのか?

ところで、なぜ馬謖は命令違反をしてまで、山の上に陣をしいたのでしょう。個人的に思うのが、やはり目覚ましい功績を立てたかったからでしょう。

また、馬良という優秀な兄をもち、コンプレックスを感じていたのかもしれません。馬謖が冷静な判断をもち、命令に従っていれば、北伐も少し状況がかわったかもしれず、残念です。

 

なお、三国志に興味がある方は、こちらの記事もご覧になってみてくださいね。

三国志が好きな理由

スポンサーリンク

  関連記事