マホビ!

マホビ!で役立つ情報をキャッチ

諸葛亮は張飛と関羽とは仲が良かった?

 - 三国志

諸葛亮は張飛と関羽と仲が良いかまではわかりませんが、尊敬しあう仲であったのではないかと思います。

そうはいっても、赤壁の戦い以降ぐらいから、親交が深まったというかんじで、諸葛亮が劉備軍に入ったときは、それほど仲が良くありませんでした。

劉備は三顧の礼をとり、天下三分の計などを聞き、諸葛亮を迎え、水魚の交わりをかわしました。

しかし、義兄弟の張飛、関羽にとっては昨日今日入ったばかりのものを重宝されるのは面白くなかったでしょう。

特に、張飛の反発はすごかったようです。

スポンサーリンク

諸葛亮が作戦を立てても、なかなか命令をきかない場面もありました。それを諸葛亮は劉備の剣を借りて、場をおさめ、張飛に命令をきくようにうながします。

それで、しぶしぶ張飛は命令をきくことになるのですが、見事作戦は的中し、張飛や関羽も諸葛亮と水魚の交わりをかわすようになったと言われています。

諸葛亮というと、頭が良いというところに目がいきがちですが、人と人との調和を図るという術も卓越していたように思います。

 

なお、三国志の映画・ドラマを改めてみてみたいという方はこちらをご覧ください。無料サービスもあるのでお得ですよ。

三国志の映画が無料視聴できる?

スポンサーリンク

  関連記事