マホビ!

マホビ!で役立つ情報をキャッチ

三国志 横山光輝 評価・感想について

 - 三国志

横山光輝の三国志について、個人的な評価、感想について掲載したいと思います^^

■よく調べられている

官渡の戦いや赤壁の戦いなど、よく調べられています。

また、庶民の暮らしについても調べられており、大変評価できる内容だと思います。このように、よく調査された三国志の漫画は他にはなかなかないでしょう。

■わかりやすい

漫画なのでわかりやすいというのもありますが、故事なども掲載されているのでわかりやすいです。

三国志以前の話をしらなくても、説明が随所にみられるので、ストレスなく読むことができます。

このわかりやすさも評価できる点だと思います。

■話が丁寧に書き込まれている

有名な戦いだけでなく、地方での戦いも丁寧に書き込まれています。

横山光輝の三国志は、ただ単に長編というだけではなく、丁寧に書き込んでいったため60巻になったという印象を受けます。

スポンサーリンク

他の三国志の漫画は、有名な合戦のみをフォーカスするなど、話を飛ばしている場合がありますが、横山光輝の三国志は色んな話を良く調べ、掲載されています。

このあたりが、三国志の王道漫画といえば横山光輝の三国志と言われるゆえんではないでしょうか。

■面白い

単純に読んでいて面白いという感想です。

横山光輝の三国志は60巻ありますが、飽きさせません。このような作品を仕上げられた、横山光輝氏に敬服いたします。

以上が、個人的な横山光輝の三国志の評価・感想です。もし、まだ読んでいない方は、きっと満足することができるでしょう。

紙の単行本でもいいですが、最近は便利な電子書籍があるので、そちらで読んでみるのがいいと思いますよ。

三国志の電子書籍はこちら

スポンサーリンク

  関連記事