マホビ!

マホビ!で役立つ情報をキャッチ

甘寧と凌統はなぜ仲が悪い?

 - 三国志

今回は、三国志の同じ呉の武将である甘寧と凌統に触れてみたいと思います(^^)/

そうはいっても、甘寧はもともと呉の武将じゃないんですよね。

遊侠を好み、不良の若者を集めて徒党を組んでいて、それから劉焉などに身を寄せ、劉表や劉表の部下の江夏太守黄祖につきます。

ただ、武勇には甘寧は優れているのですが、劉表は文を重んじていたので、あまり重用されなかったようです。

甘寧が凌統の父である凌操を討ち取る

そうした中、孫権と戦うことになり、甘寧は凌統の父である凌操を討ち取ります。これが、仲が悪い理由でしょう。

スポンサーリンク

その後、甘寧が呉の武将になっても、仲が悪かったようです。ただ、呂蒙の仲介などで甘寧と凌統は仲直りをしたという説があります。

この甘寧と凌統の話は、ゲームでも取り上げられているようで、三国無双や真三國大戰でこの話が出てくるようです。

こういったエピソードが、甘寧と凌統にはあります。

 

あと、三国志に興味のある方は、以下もご覧くださいね。

三国志が好きな理由

スポンサーリンク

  関連記事