マホビ!

マホビ!で役立つ情報をキャッチ

司馬遼太郎 映画化された作品一覧

司馬遼太郎といえば、歴史小説家として超有名ですよね。

戦国時代が好きな方は、一度以上は司馬遼太郎の作品を読んだことがあるでしょう^^

文章が巧みで臨場感のある作品を多く、書いておられます。

司馬遼太郎作品の映画一覧

その作品の中で、映画化された作品を一覧にしてみました(^^)/

スポンサーリンク

・恋をするより得をしろ【1961年、監督:春原政久、原作「十日の菊」】
・忍者秘帖 梟の城【1963年、監督:工藤栄一】
・新選組血風録 近藤勇【1963年、監督:小沢茂弘】
・暗殺【1964年、監督:篠田正浩、原作「幕末」】
・風の武士【1964年、監督:加藤泰】
・城取り【1965年、監督:舛田利雄】
・泥棒番付【1966年、監督:池広一夫、原作「盗賊と間者」】
・燃えよ剣【1966年、監督:市村泰一】
・尻啖え孫市【1969年、監督:三隅研次】
・忍びの衆【1970年、監督:森一生、原作「伊賀の四鬼」】
・梟の城【1999年、監督:篠田正浩】
・御法度【1999年、監督:大島渚】
・関ヶ原【2017年公開予定、監督:原田眞人】

一覧にしてみると、本当にたくさんの作品が映画化されていますね。本だけでなく、映画で司馬遼太郎の世界を楽しむのも面白いと思いますよ(^^)

 

あと、ご興味があれば、以下もご覧くださいね。

私の好きな戦国武将!11将を紹介

スポンサーリンク

  関連記事